Blogブログ

最新美容情報をお届けします。

綺麗な髪と肌を手に入れるにはタンパク質が必要!?

スポンサーリンク
☆スポンサーリンク☆

1日のタンパク質量足りてますか?

やたら僕のブログで出てくるワード『タンパク質』

僕も30を越えて髪や肌のコンディションを気にしてきました。

いや20代でも気にしてましたよ。ですが30も過ぎると色々と肌や髪の毛など身体のことが気になってきますからね。

では今回は人間が生きていく上で絶ーーーー対に必要な栄養素『タンパク質』についてお話しします。

そもそも人間の体重の20%はタンパク質で出来ております。

ちなみに僕は体重が60Kgなので約12kgものタンパク質で出来ていることになります。

では残りは?

というと主に水分です。水分は体重の約60%を占めていると言われています。なので60Kgだとしたら36kgの水分が身体の中にあるというわけです。

ちなみにタンパク質は20種類のアミノ酸からなっております。

筋肉だけではなく、皮膚や血管、消化器(胃や腸ですね)といった身体のパーツもタンパク質から作られています。

ちなみにタンパク質って英語でなんていうかご存知でしょうか?

そう!

プロティーーーーンです。

はい。

プロテインです。

スクリーンショット 2016-02-24 0.54.00

グーグルティーチャーが言ってました。

ちなみにこの語源、なんとギリシャ語から来ている事をご存知でしょうか?

「プロティオス(第一に大切なもの)」という意味から来ております。

その大事なタンパク質は体内でアミノ酸としてやり取りされており、身体を作るタンパク質は20種類のアミノ酸が一列に連なっております。

身体ってものすごく便利と言いますか、必要な物質をタイミングよく合成して効率的に利用するんです、例えば糖質、脂質、タンパク質の3大栄養素のうち、糖質と脂質は好きな時に身体で作られます。

糖質から脂質はできますし、アミノ酸と脂質からは糖質ができるのです。しかしここでやっかなのがタンパク質だけは自由に身体で作り出せないんです。

なぜかと言いますと、タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち何と9種類は体内で合成されない、もしくは合成量に満たさないアミノ酸だからです。

必須アミノ酸 非必須アミノ酸
ロイシン アラニン
イソロイシン アルギニン
バリン アスパラギン、アスパラギン酸
リジン グルタミン、グルタミン酸
メチオニン グリシン
フェニルアラニン システイン
スレオニン セリン
トリプトファン チロシン
ヒスチジン プロリン

20種類のうち、8種類(グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン、アスパラギン酸、グルタミン、グルタミン酸)は糖質(グルコース)などから合成が可能です。

そして、3種類(システイン、チロシン、アルギニン)は他のアミノ酸などから作ることが可能です。

1種類でもアミノ酸が足りないとタンパク質ができない為、それ以外の必須アミノ酸は毎日の食事から取り入れないとタンパク質は作られないという訳なので髪の毛やお肌にも影響が出てしまうんです。

なのでタンパク質を摂取する上ではアミノ酸も欠かせないという訳です。

☆スポンサーリンク☆


筋肉って1日どれくらい変わるの?

身体の中には約10万種類のタンパク質が分解と合成を繰り返しております。ちなみに車の部品数も約10万種類なんだとか。

車の部品もそれぞれ役割があるのと同じで身体の中のタンパク質もそれぞれ決まった役割を持っております。

ちなみに車でパーツの不具合が出た場合は別の物と交換できますが、身体で不具合が出た場合は交換ができませんので、ご存知新 陳 代 謝(ターンオーバー)を行って身体の調子を整えていきます。

またタンパク質には寿命がありまして、数分ごとに置き換えられているものもあれば、皮膚や血管を作るタンパク質(コラーゲン)のように10年以上の寿命を持つものもあります。

また筋肉は毎日1.8%ほどがターンオーバーしており、2ヶ月でそっくり入れ替わる計算となります。

髪の毛のターンオーバーはこちらの記事でも書きましたが

①成長期(4~7年)毛髪を成長させる時期
②退行期(2~3週)成長させた毛髪を脱毛させる時期
③休止期(数ヶ月)毛髪の成長させる活動が休止する時期
④脱毛、新生 活動が始まり新しい毛髪が発生する時期
を繰り返し約4~7年のヘアサイクルを繰り返していき新しい髪の毛に生え変わります。
※ちなみに髪の成長速度は1ヶ月に1~1.2cmくらい伸びます。

運動や筋トレを行っている方なら2ヶ月しっかりやることで2ヶ月後の体に変化が現れる計算になります!!

なので夏(7月や8月)にイケてる細マッチョになりたい方は4月や5月くらいを目安に、運動と食事をしっかりと考えてガチンコで頑張ればイケてるなサマーバディになれる計算になります。

1日に必要なタンパク質はどれくらい必要??

身体は自然にタンパク質を作ることができますが必須アミノ酸が足りていないため1日に必要なタンパク質を補うためにはしっかりとした食事またはプロテインで補う

しかありません。

ではどのくらいのタンパク質を1日に摂取すればいいのでしょうか?

答えは1Kgにつき約1g!

体重60kgの僕で表すと1日におよそ60gのタンパク質を補わないといけない計算になります。

もちろん、体重が70Kgなら10g、100kgの方ならなんと100gものタンパク質を摂取しなくてなならないんです。

そして1日のタンパク質の摂取量が少なすぎると仕事や運動でのパフォーマンスが低下してしまうわけです。

またタンパク質というと筋肉モリモリマッチョみたいなイメージかと思いますが、先ほどもお伝えした通り、髪の毛や皮膚(肌)爪などを作るのもタンパク質です。

さらにもなんとタンパク質から出来ているんです。

骨にはカルシウムが大事というのはよくご存知だと思いますが、骨の約40%はタンパク質から出来ており骨の中の繊維を作っております。そして骨の内部のタンパク質量が少なくなると骨自体が脆くなります骨折をしやすくなってしまうわけです。

ですからモリモリマッチョになりたくなくてもタンパク質はしっかりと摂取しないとダメというわけです。

ですが、1日に必要なタンパク質量がわかったからといってむやみにタンパク質を多めに摂取すればいい!!

というわけではないんです。

アスリートの方や激しい運動を行う方なら体重1Kgに対して1.8gぐらいが丁度いいとされているのですが、あまり運動をされない方や座りっぱなしの仕事やデスクワークが多い仕事の方がこんなにとってはいけないんです!!

なんで??

それはタンパク質を多めに摂取しすぎると肥満リスクを上げてしまうのです。さらにはタンパク質を分解する内臓器官中の肝臓と腎臓のオーバーワークとなり内臓疲労を起こしてしまいます。

もちろん絶対に取りすぎてはダメ!!

というわけではないのですがあくまでも1kgに対して1gというのが目安です。まぁ何事もほどほどにしましょうということです。

では次回、実際にどのような食事をすればいいのかを徹底解析いたしますのでお楽しみに^o^/

The following two tabs change content below.
田中  慎一

田中  慎一

フリーランス美容師felice
美容師歴14年目。地元の美容室を1店舗経験後、24歳の時に東京に上京と同時に表参道某有名サロンに入社。その後スタイリストを7年経験し表参道、青山、新宿で活躍。確かな技術と豊富な知識で数多くのお客様から支持されている。 メンズカット、小顔カット、ダブルカラーや特殊パーマが得意。現在は新宿3丁目のfeliceでフリーランス美容師として活躍中。一流の技術でお客様をより一層素敵にいたします。

関連記事

instagramフォローお願いします

☆LINE@追加する☆

友だち追加

ネット予約はこちらから