Blogブログ

美容情報をお届けします。

雑誌のような巻き髪スタイルにしたい場合はどうしたらいいの?

スポンサーリンク
☆スポンサーリンク☆

雑誌のような巻き髪パーマって女性の憧れですよね

雑誌やヘアカタログに載ってる髪型ってすごい素敵ですよね。そんな髪型にする為にはどうすればいいかお答えします。

っとその前に。

まず雑誌に掲載されている女性の髪型のほとんどが実は、、、

ヘアアイロンを使ってます!!

このヘアアイロンでモデルさんの髪の毛を巻いていきます。

そうする事によって実際にパーマをかけた感じになるようにしてるんです。

アイロンが必要なの!?

ちなみにAFLOATでよく使用するアイロンは32mmのアイロンを使用することが多いです。

images

髪がショートやボブくらいの方はもう少めの細い26mmのアイロンを使用することが多いです。

4988338221105n

ただし、アイロンの髪の毛を巻く部分はステンレス製の物で出来ております。

温度も業務用となると約200度まで温度が上昇するアイロンもあります。

高温のプレートで髪の毛を挟むことにより髪のタンパク質の形が変わってきます。これを毎日使い続けていくともちろん髪の細胞は破壊されます。

髪のダメージが気になる方はアイロンの使い方も気を付けた方がいいですね。

オススメの巻き方は巻く前に髪の毛にトリートメントを付けてあげたら、温度は140〜160度のやや低温でゆっくりと巻いていくことです。この時あまり長時間同じ場所にアイロンの熱を与えすぎるのはやめましょうね。

アイロンは使いたくない!持ってない!

最近では増えて来ましたが、まだまだアイロンをお持ちでない方もいらっしゃいます。

そのような方は髪にパーマをかけるのが一番早いです。

オススメはデジタルパーマというものを使用します。

AFLOAT  RUVUAでは3種類のパーマがありましてその内の一つがデジタルパーマになります。

デジタルパーマのメリットはなんと言ってもご自分でのスタイリングが簡単にできるのが一番のウリです。

というのは、通常のパーマではゆるくかかってしまったり、すぐ取れてしまうという髪質の方でもしっかりとリッジ、カール感のある髪型が簡単に出来ます。

またデジタルパーマは熱を使ったパーマになります。

熱を髪の毛にあたえることによってカールがしっかりとつきます。

簡単にいうと縮毛矯正のカール版といった所でしょうか?

カールがしっかりとついた髪の毛はドライヤーでブワーっと乾かすだけでカールが綺麗に出来るのでスタイリングが簡単に出来ますよ。

まとめ

 
 

ご自分でスタイリングされる際はアイロンを使った方がカールがしっかりとつきます。

雑誌みたいな感じのカールをしっかり出すのであれば結局の所はアイロンがオススメになります

ですがアイロンで髪にあまりダメージを与えたくない方は一度デジタルパーマをかけてあげた方がいい場合もあります。

髪が直毛でカールが取れやすい方は一度パーマをかけてあげた状態で、アイロンで巻いてあげると持ちが全然違いますので、アイロンが取れやすい方にもデジタルパーマをかけてあげるのをオススメします。

また最近では痛まないアイロンというのも出ました!

75575_968733563220012_6131426220895371407_n

『痛まないアイロン、ヘアビューロン』の記事はこちらから

美容業界でもかなり話題になっているアイロンです。

美容師さんとしっかりと納得のいくカウンセリングをして素敵な髪型にしましょう。
☆スポンサーリンク☆


The following two tabs change content below.
田中  慎一

田中  慎一

ヘアクリエーターAFLOAT
美容師歴10年目。滋賀県出身。 地元の美容室を1店舗経験後、24歳の時に東京に上京と同時に表参道の人気美容室『AFLOAT アフロート』に入社。確かな技術と豊富な知識で数多くのお客様から支持されている。 メンズカット、小顔カット、ダブルカラーや特殊パーマが得意。現在は新宿にある『AFLOAT RUVUA アフロートルヴア』で活躍中。一流の技術でお客様をより一層素敵にいたします。

☆LINE@追加☆